背中ニキビの予防とケア☆彡

投稿日:

背中ニキビの予防とケア

こちらでは背中ニキビの予防やケアの方法について紹介します。

背中は常に清潔に

背中は自分では確認しづらいため、知らない間に皮脂や汚れが溜まっているなんていうことも。

洗いにくい箇所ではありますが常に清潔に保つようにしましょう。

ただし、皮脂を過剰に取り去ってしまうと雑菌繁殖の原因となるため、やりすぎには注意。

湿度は高すぎず低すぎず

湿度は高すぎても低すぎても雑菌が繁殖する原因となります。

室内であれば湿度は50%程度にキープしておくのが最適です。

インナーは吸水・発汗性の良いものを

素材は吸水性・発汗性ともに良いものがベストですが、吸水性の良いものを身につけて汗をかいたらこまめに替える方法でもOK。

汗をかいた時そのままにしないことが重要です。

シャンプー・石鹸はしっかり洗い流す

シャンプー・石鹸ももちろんですが、トリートメントをしっかり洗い流せていないことが原因でニキビができることも多いので気をつけましょう。

睡眠をしっかりとる

たとえ時間が長くても、寝る時間がバラバラだったりするとホルモンが十分に分泌されず肌荒れの原因となったり治りが遅くなったりするため、ただ単に時間を増やすだけではなく、規則正しい睡眠を心がける必要があります。

栄養をしっかりとる

ニキビの予防と対策にはビタミンB2やB6が有効ですが、他にもビタミンA、C、E、コラーゲンなども有効となります。

ただ、単にこれらの栄養だけをとっても吸収率はあまり高まらないため、栄養バランスの良い食事をとることが最も大切です。

これらの方法だけではなく、ニキビケア用品の使用ももちろん効果的です。

特に、このサイトで紹介しているジッテプラスやジュエルレイン背中ニキビの対策を第一に考えて作られた商品ですので、他の一般的な顔用ニキビケア用品よりも高い効果が得られやすいようです。

レビューなどでも、通常のニキビケア用品よりも高い効果があったというコメントが数多く寄せられていますので、背中ニキビにお悩みの方は一度ぜひジッテプラスをお試しください。

この記事では更にジッテプラスについて詳しく書いています!

ニキビ跡はなぜできる?原因を紹介

「ニキビ跡」と一口にいっても色素沈着型やクレーター型などさまざまな種類のものがありますが、今回はそれらひとつひとつの原因についてご紹介します。

毛穴の鬱血

ニキビ跡が赤くなっている状態。

ニキビができた際に毛穴が炎症し、ニキビが治った後も毛穴に血が溜まったままになってしまうことで発生します。

毛穴付近の内出血

ニキビ跡が紫色になっている状態。

ニキビを指で潰したり引っ掻いたりなど強い刺激を与えたことや炎症が原因で内出血を起こすと紫色のニキビ跡ができます。

メラニン

ニキビ跡が茶色っぽかったり黒ずんだりしている状態。

ニキビが炎症している時に分泌されるメラニンの量が多いと茶色っぽいシミが皮膚表面に発生します。

皮膚組織の破壊

いわゆるクレーター。デコボコのニキビ跡。

ニキビの症状が悪化して、皮膚表面だけではなく内部の組織まで破壊されてしまうことで発生します。

色素沈着タイプのニキビ跡は自然回復まで半年以上かかり、またクレータータイプのニキビ跡は自然に治癒することはありません。

ニキビ跡対策商品のリプロスキンは色素沈着タイプのニキビ跡の回復を早め、またクレータータイプのニキビ跡も緩和させる効果があると言われており、実際に効果を実感できたという方も数多くいるようです。

「ニキビ対策商品」はたくさんありますが「ニキビ跡対策商品」は非常に種類が少ないので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?

ニキビ跡の予防と対策

こちらではニキビ跡の予防や対策方法について紹介します。

ニキビができたら引っ掻かない

引っ掻いて皮膚が擦れることで炎症となり、赤や紫色のニキビ跡ができてしまう原因となります。

また、引っ掻いた際に指についていた雑菌がニキビに付着してしまうことで治りが遅れ、跡が残ることもあります。

ニキビを放置しない

ニキビができたまま放置すると、患部の炎症がひどくなったり、メラニンの生成が活発化したり、また皮膚の奥まで症状が進行してしまうため、すべての種類のニキビ跡ができる原因となります。

シャンプー・石鹸はしっかり洗い流す

ニキビができる原因と同じですが、これを怠るとニキビの治りが遅れるためニキビ跡発生の原因となります。

睡眠をしっかりとる

こちらもニキビ対策と同様です。

たとえ睡眠時間が長くても、寝る時間がバラバラだったりするとホルモンが十分に分泌されず肌荒れの原因となったり治りが遅くなったりするため、ただ単に時間を増やすだけではなく、規則正しい睡眠を心がける必要があります。

栄養をしっかりとる

こちらもニキビ対策と同様です。

予防と対策にはビタミンB2やB6が有効ですが、他にもビタミンA、C、E、コラーゲンなども有効となります。

ただ、単にこれらの栄養だけをとっても吸収率はあまり高まらないため、栄養バランスの良い食事をとることが最も大切です。

ニキビもニキビ跡も予防や対策方法に関してはほぼ同じことが言えますが、ニキビのケアが遅れてしまうとそれだけニキビ跡の発生率が上昇し、また症状が悪化しやすくなってしまいます。

迅速なケアが何より重要ですので、このサイトで紹介しているジッテプラスやジュエルレインやリプロスキンなど、特に効果が表れるのが早いと言われている商品の使用がオススメです。

-背中ニキビについて

Copyright© 美容や健康に関するブログ情報局。美容や健康に関するブログに関しては、当サイトがお勧めです! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.